現在ご使用になられている端末は、当サイトを正常にご利用できません。
恐れ入りますが、最新のOS、またはブラウザにアップデートいただき、再度アクセスをお願いいたします。

menu

お家フォトのおすすめ撮り方 〜時間帯と場所編〜

前へ
次へ

お家フォトのおすすめ撮り方 〜時間帯と場所編〜

こんにちは!
先日お子様の撮影をスタジオしていた時にお母さんから、

「室内での子供を撮るのが難しくて、どうすればいいですか?」

と、言われました。 そこでお家で一眼レフまたは携帯で撮影する際、どこの場所で撮れば一番綺麗か、
そもそもどうすればいいのか?のお悩みに答えれればと思います!

まず初めに時間帯!
お家の中が一番明るいのはおそらく午前中!というお家が多いのではないでしょうか。
一番お家の中に光が入ってくる時間帯を選びましょう!

続けて場所です!
人物を撮影する場合、基本的には逆光で撮影していきます!
ですので、明るくて逆光な場所・・
ベランダの窓の前などいかがでしょうか?!
そこに人物をもってくるとふわっとした印象の、
スタジオで撮影したかのようなお写真が撮影できます!

今回は時間帯と場所をご紹介しました!
まだまだポイントはございますので、次回の回をお楽しみに〜!

menu

【重要】年賀状印刷で気をつけたいポイント

前へ
次へ

【重要】年賀状印刷で気をつけたいポイント

こんにちは!
アトリエフォトワンデイの9ちゃんです。

先週、筋トレを始めた報告をしていたのですが、
すでに7日中3日サボってしまったことをご報告いたします・・・

毎日じゃなくて2日に1回くらいにしようかなと思い始めました笑

徐々に習慣づけていこうと思います!
徐々に!!!




・・・・・・



さて、早いものでもう年賀状のシーズンですね。
最近ではLINEで新年のご挨拶をすることも増えてきましたが
今年お写真を撮られた方はぜひ写真入りの年賀状を!

個人的にですが、写真入り年賀状はもらうとめちゃめちゃ嬉しい😆✨
今年会えなかったなー、なんて友人の
元気そうな幸せそうな顔が見れるとほっこりします。

ご結婚や生まれました、753など、
ご報告ハガキとして出しやすいタイミングなのかなと思うのでぜひ!

29

_71A0391

9



さて、写真入り年賀状をお店で作る!
という方も多いと思います。

ワンデイで撮影した写真を使おうかな・・・と思っている方は、
⬇︎のポイントを押さえておくとキレイにプリント出来ますよ*


◎自動補正(色補正)は必ず『切』に設定しましょう!


自動補正とは・・・
プリントの機械が写真の色味を判断して、
明るさやコントラストなどを自動で調整する機能です。



普通にスマホなどで撮影した写真は、
自動補正がつくとよりキレイな仕上がりになるのですが、

ワンデイでは、1枚1枚写真の”現像作業”を行なっています。


現像作業とは・・・
簡単に言うと、撮ったそのままよりも
よりキレイに見えるようにするための調整のことです。



—————————


調整した写真を自動補正付きでプリントすると…



色味がかなり変わってしまいます!!😫


—————————


一番キレイに見える状態にしてデータをお渡ししていますので


◎自動補正(色補正)は必ず『切』に設定しましょう!


大事なことなので2回言いました!!
このポイントを守って、ぜひ素敵な年賀状を作ってくださいね*




いがかでしたか?

みなさんの参考になれば幸いです!


それではまた!



・・・・・・・



▼LINEからのお問い合わせに対応しました!
友だち追加


▼各インスタも随時更新中!
インスタグラム ウェディングアカウント インスタグラム キッズアカウント インスタグラム マタニティアカウント
menu

髙田カメラマンブログ8『カメラマンとして思った事』

前へ
次へ

髙田カメラマンブログ8『カメラマンとして思った事』

こんにちは!
ワンデイカメラマンの髙田です!

紅葉シーズン真っ只中で毎日沢山写真を撮れて楽しいです〜!
カメラマンが天職だなって改めて感じております

そういえば昨日の夜、お風呂入ってる時にふと思ったんです
カメラマンってとてもいい仕事だなって

なぜかと言いますと
被写体の方に対して、素敵ですね、素晴らしいですって!
普通なら思ってもなかなか面と向かって伝える事できないけど
堂々とあなたは素敵です!と大声で人に伝えられる
ここにカメラマンの喜びがあると思います

そりゃ撮れば撮っただけ元気をもらえるはずですね!

というわけで明日も楽しく写真を撮ってきます〜!
また来週〜!

PLEASE KEEP VERTICALLY

申し訳ございません。
横向きには対応しておりませんので、
縦向きにしてご覧ください。

PLEASE KEEP VERTICALLY